平成30年 11月1日   鳥渡る群ばらばらに且つ散らず(橋本多佳子)
  11月2日   よよよよと月の光は机下に来ぬ(川端茅舎)
  11月3日   枯蟷螂逆懺悔の泡を吐く(今村潤子)
  11月4日   飛び鳴きの鵯や山川晴るゝ空(松根東洋城)
  11月5日   浮草も四方の紅葉に従へり(井芹眞一郎)
  11月6日   何草の末枯草ぞ花一つ(加藤暁台)
  11月7日   色のなき雨に始まり今朝の冬(あまの樹懶)
  11月8日   出雲路やあらぶる神の草枕(松瀬青々)
  11月9日   宮柱太しく立ちて神無月(高濱虚子)
  11月10日   菜畠へ次第にうすき落葉かな(西山泊雲)
  11月11日   冬に生ればつた遅すぎる早すぎる(西東三鬼)
  11月12日   炉開や仏間に隣る四畳半(夏目漱石)
  11月13日   はるかより枯蘆原の昃りくる(長谷川素逝)
  11月14日   山しぐれ酒やの蔵に波深し(良寛)
  11月15日   凩や妙義が獄にうすづく日(村上鬼城)
  11月16日   けぶりては落人の山眠りけり(永田満徳)
  11月17日   土間にありて臼は王たり夜半の冬(西山泊雲)
  11月18日   柴焼て時雨聞夜となりにけり(良寛)


▼過去の一句    
     
平成14年    
 8月9月10月11月12月

平成15年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成16年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成17年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成18年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成19年        
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成20年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成21年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成22年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成23年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成24年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成25年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成26年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成27年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成28年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成29年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成30年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月