平成30年 9月1日   山水の澄むに泳がせ比古豆腐(成定ちえ)
  9月2日   秋の江に打ち込む杭の響かな(夏目漱石)
  9月3日   日の光今朝や鰯のかしらより(与謝蕪村)
  9月4日   蜻蛉の石を抱ける夕ごころ(東千秋)
  9月5日   ひとの肩蟋蟀の声流れゐる(橋本多佳子)
  9月6日   葛の葉やひるがへる時音もなし(前田普羅)
  9月7日   あつめねば花にもあらぬ小草哉(黒柳召波)
  9月8日   白露や扉を開く金色堂(石井露月)
  9月9日   鬼やんま父甦る水の縞(今村潤子)
  9月10日   秋の草まつたく濡れぬ山の雨(飯田蛇笏)
  9月11日   朝の日もはじめは露に濡るゝもの(井芹眞一郎)
  9月12日   草に野菊ありて舟に乗り込む(中塚一碧楼)
  9月13日   赤蜻蛉来て打つ音や古障子(小沢碧童)
  9月14日   人めなき露地に住ひて秋の暮(久保田万太郎)
  9月15日   海が少し見える小さい窓一つもつ(尾崎放哉)
  9月16日   溝そばと赤のまんまと咲きうづみ(高濱虚子)
  9月17日   うしろから月のかげする水をわたる(種田山頭火)
  9月18日   一人居やさす女郎花男郎花(松瀬青々)
  9月19日   名水は影まで蒼く澄みにけり(あまの樹懶)
  9月20日   遠萩にたゞよふ紅や雨の中(松本たかし)


▼過去の一句    
     
平成14年    
 8月9月10月11月12月

平成15年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成16年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成17年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成18年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成19年        
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成20年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成21年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成22年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成23年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成24年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成25年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成26年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成27年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成28年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成29年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成30年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月