平成29年 9月1日   寺領田一枚峡に稲の花(成定ちえ)
  9月2日   白馬を少女涜れて下りにけん(西東三鬼)
  9月3日   硯洗ふ墨あをあをと流れけり(橋本多佳子)
  9月4日   息抜いて生きる術知る残暑かな(永田満徳)
  9月5日   これよりは狐の通ふ花野みち(東千秋)
  9月6日   秋あつし星章すでになき帽に(石橋秀野)
  9月7日   溝萩を引けば縺るるその辺り(正木ゆう子)
  9月8日   白露に阿吽の旭さしにけり(川端茅舎)
  9月9日   何ぼとけ乗せ来る秋の暁雲(池西言水)
  9月10日   月をいるる露やまことの玉てばこ(田捨女)
  9月11日   雨晴れて萩に高さの戻りけり(井芹眞一郎)
  9月12日   小鳥この頃音もさせずに来て居りぬ(村上鬼城)
  9月13日   屁ふり虫爺が垣根と知られけり(小林一茶)
  9月14日   水天に閃く鰡か与田の浦(川端茅舎)
  9月15日   月の夜や石に出て鳴くきりぎりす(千代尼)
  9月16日   野路の秋我後ろより人や来る(与謝蕪村)
  9月17日   びいと啼く尻声悲し夜の鹿(松尾芭蕉)
  9月18日   胸先に黒き富士立つ秋の暮(橋本多佳子)
  9月19日   筒袖や秋の柩にしたがはず(夏目漱石)
  9月20日   渡鳥仰ぎ仰いでよろめきぬ(松本たかし)
  9月21日   秋の灯や妬まるゝ身はなほうれし(芥川龍之介)
  9月22日   燕の帰りて淋し蔵のあひ(正岡子規)
  9月23日   病める手の爪美しや秋海棠(杉田久女)
  9月24日   吾がいほはあ豊葦原の華がくり(竹下しづの女)


▼過去の一句    
     
平成14年    
 8月9月10月11月12月

平成15年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成16年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成17年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成18年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成19年        
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成20年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成21年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成22年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成23年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成24年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成25年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成26年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成27年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成28年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成29年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月