平成29年 7月1日   夏の闇高熱のわれ発光す(日野草城)
  7月2日   繍線菊の花雨粒を支へゐる(正木ゆう子)
  7月3日   梳る必死の指に梅雨晴間(石橋秀野)
  7月4日   梅雨雲に入り行く遍路や白峯寺(永田満徳)
  7月5日   汗の身を慮りて訪はず(竹下しづの女)
  7月6日   生き堪へて身に沁むばかり藍浴衣(橋本多佳子)
  7月7日   此方へと法の御山のみちをしへ(高濱虚子)
  7月8日   風に吹かれて信心申してゐる(尾崎放哉)
  7月9日   蝉涼し汝の殻をぬぎしより(杉田久女)
  7月10日   空をはさむ蟹死にをるや雲の峰(河東碧梧桐)
  7月11日   百合咲くや汗もこぼさぬ身だしなみ(有井諸九)
  7月12日   産着着てはやも家族や蝉涼し(渡辺水巴)
  7月13日   冷汁の筵引ずる木陰かな(小林一茶)
  7月14日   山蟻をふまじとめぐる小者墓(成定ちえ)
  7月15日   川風に水打ながす晒かな(炭太祗)
  7月16日   孑孑や松葉の沈む手水鉢(正岡子規)
  7月17日   青芝や描きて以て白昼夢(久保田万太郎)
  7月18日   汗の人ギューツと眼つぶりけり(京極杞陽)
  7月19日   短夜の看とり給ふも縁かな(石橋秀野)
  7月20日   岩に爪たてて空蝉泥まみれ(西東三鬼)


▼過去の一句    
     
平成14年    
 8月9月10月11月12月

平成15年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成16年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成17年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成18年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成19年        
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成20年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成21年    
 1月2月3月4月5月
 6月7月8月9月10月
 11月12月   

平成22年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成23年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成24年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成25年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成26年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成27年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成28年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成29年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月