平成31年 5月1日   遠く来て見しものかリラの花咲くを(横光利一)
  5月2日   亡母への悔舌にくづるる蕗の味噌(今村潤子)
  5月3日   錬兵もけふはおやすみのたんぽぽ(種田山頭火)
  5月4日   引力の匂ひなるべし蓬原(正木ゆう子)
  5月5日   風吹けば来るや隣の鯉幟(高濱虚子)
  5月6日   人行くや夏の夜明の小松原(正岡子規)
  5月7日   牡丹二本浸して満つる桶の水(渡辺水巴)
  5月8日   蛇苺遠く旅ゆくもののあり(富沢赤黄男)
  5月9日   早苗束放る響の谷間かな(松本たかし)
  5月10日   卯の花や妹が垣根のはこべ草(与謝蕪村)
  5月11日   五月川心細く水まさりたる(正岡子規)
  5月12日   後架にも竹の葉降りて薄暑かな(飯田蛇笏)
  5月13日   亡き人に老鶯つねのごと啼いて(井芹眞一郎)
  5月14日   杜若語るも旅のひとつかな(松尾芭蕉)
  5月15日   花栗に寄りしばかりに香にまみる(橋本多佳子)
  5月16日   女夫仲いつしか淡し古茶いるゝ(松本たかし)
  5月17日   お百度の素足音なく闇に透く(今村潤子)
  5月18日   駅路や麦の黒穂の踏まれたる(芝不器男)
  5月19日   寺の門出て苗売に逢へりけり(久保田万太郎)


▼過去の一句12        
         
平成14年        
 8月 9月 10月 11月 12月

平成15年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成16年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成17年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成18年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成19年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成20年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成21年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成22年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成23年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成24年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成25年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成26年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成27年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成28年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成29年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成30年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成31年        
 1月 2月 3月 4月