令和3年 10月1日   朝寒や歯磨匂ふ妻の口(日野草城)
  10月2日   桜紅葉つと舞ひ込みし橋がかり(東千秋)
  10月3日   門内や秋耕の馬十五頭(竹下しづの女)
  10月4日   通草食ふ肝胆をほのくらくして(正木ゆう子)
  10月5日   コスモスの四窓の秋や置扇(飯田蛇笏)
  10月6日   木犀の香や湖の紺舐め尽くす(今村潤子)
  10月7日   夜学子や鏡花小史をよみおぼえ(久保田万太郎)
  10月8日   初雁や北斗と落つる水の上(大島蓼太)
  10月9日   菜も青し庵の味噌豆今や引く(小林一茶)
  10月10日   鼠尾草や身にかからざる露もなし(加藤暁台)
  10月11日   蘭の花幽かに揺れて人に見す(西東三鬼)
  10月12日   螺線まいて崖落つ時の一葉疾し(杉田久女)
  10月13日   道のべや手よりこぼれて蕎麦の花(与謝蕪村)
  10月14日   海彦のゐて答へゐる霧笛かな(橋本多佳子)
  10月15日   露の玉蟻たぢたぢとなりにけり(川端茅舎)
  10月16日   稍寒の鏡もなくに櫛る(夏目漱石)
  10月17日   首のべて日を見る雁や葦の中(原石鼎)


▼過去の一句        
         
平成14年        
 8月 9月 10月 11月 12月

平成15年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成16年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成17年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成18年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成19年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成20年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成21年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成22年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成23年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成24年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成25年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成26年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成27年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成28年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成29年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成30年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成31年/令和1年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

令和2年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

令和3年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月