令和1年 7月1日   涛暑し石に怒れるひゞきあり(加藤暁台)
  7月2日   会のたび花剪る今日は額を剪る(高濱虚子)
  7月3日   つかの間に夏草胸を没しけり(横光利一)
  7月4日   ひるがほやあぶなき橋に水鏡(加賀千代女)
  7月5日   父の懐けむりの味の焼茄子(今村潤子)
  7月6日   天にあらば比翼の籠や竹婦人(与謝蕪村)
  7月7日   卓の貝深海の譜をひそと秘む(竹下しづの女)
  7月8日   蝉なくや瀬にながれ出しところてん(飯田蛇笏)
  7月9日   旅の子の受話器の中の蝉時雨(今村潤子)
  7月10日   うつぶけに白百合さきぬ岩の鼻(正岡子規)
  7月11日   海月浮く廃鉱の海冥府めく(永田満徳)
  7月12日   濡れ髪を蚊帳くゞるとき低くする(橋本多佳子)
  7月13日   うらがへし又うらがへし大蛾掃く(前田普羅)
  7月14日   小百足を打つたる朱の枕かな(日野草城)
  7月15日   海水浴の茶店に風の塊が(松瀬青々)
  7月16日   幹濡れてゐて空蝉はぬれてゐず(井芹眞一郎)
  7月17日   泳ぎあがり巌大きくて巌肌(中塚一碧楼)
  7月18日   尾のうしろ水閉ぢてゆく山女かな(正木ゆう子)


▼過去の一句12        
         
平成14年        
 8月 9月 10月 11月 12月

平成15年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成16年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成17年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成18年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成19年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成20年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成21年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成22年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成23年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成24年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成25年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成26年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成27年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成28年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成29年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成30年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成31年/令和1年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月