令和1年 9月1日   昏れ初めて庭の寂光白芙蓉(成定ちえ)
  9月2日   白もまた褪せてゆくもの秋扇(井芹眞一郎)
  9月3日   秋茄子の日に籠にあふれみつるかな(高濱虚子)
  9月4日   朝机序破急で鳴く法師蝉(今村潤子)
  9月5日   着ながしでふらりと来たり一葉落つ(久保田万太郎)
  9月6日   坊毎に懸けし高樋よ葛の花(杉田久女)
  9月7日   能因にくさめさせたる秋はここ(安井大江丸)
  9月8日   むかしから穴もあかずよ秋の空(上島鬼貫)
  9月9日   口少し歪める壺や菊栄ゆ(横光利一)
  9月10日   秋風の腹いつぱいよばれてもどる(種田山頭火)
  9月11日   上行と下くる雲や秋の天(野沢凡兆)
  9月12日   ぢりぢりと石の隙より新蕎麦粉(正木ゆう子)
  9月13日   朝寒に小振りの耳輪出勤す(東千秋)
  9月14日   月の名をいざよひと呼びなほ白し(竹下しづの女)
  9月15日   岩鼻やこゝにも一人月の客(向井去来)
  9月16日   筆硯に多少のちりも良夜かな(飯田蛇笏)
  9月17日   又ことし松と寝待ちの月出でぬ(小林一茶)
  9月18日   野分して蟷螂を窓に吹き入るる(夏目漱石)
  9月19日   おのが葉に月おぼろなり竹の春(与謝蕪村)


▼過去の一句12        
         
平成14年        
 8月 9月 10月 11月 12月

平成15年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成16年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成17年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成18年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成19年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成20年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成21年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成22年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成23年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成24年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成25年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成26年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成27年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成28年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成29年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成30年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成31年/令和1年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月