平成23年 8月1日   夕立が洗つていつた茄子をもぐ(種田山頭火)
  8月2日   屋根屋根の夕焼くるあすも仕事がない(中塚一碧楼)
  8月3日   山蟻に列といふもの要らざりし(井芹眞一郎)
  8月4日   金亀子擲つ闇の深さかな(高濱虚子)
  8月5日   をさなごのひとさしゆびにかかる虹(松本たかし)
  8月6日   暗い山のほかはびっしり星だ(中塚一碧楼)
  8月7日   全身で上げる産声百日紅(あまの樹懶)
  8月8日   蚊帳の中見てゐる藪や今朝の秋(松本たかし)
  8月9日   別るるや夢一筋の天の川(夏目漱石)
  8月10日   谷空を子の手花火はてらさぬか(長谷川素逝)
  8月11日   初秋や汀ひろへば潮の色(松根東洋城)
  8月12日   亡き夫は心の支え門火焚く(成定ちえ)
  8月13日   道場を海にぬけたり赤とんぼ(中村吉右衛門)
  8月14日   太刀魚の背骨一直線に裂く(萱嶋晶子)
  8月15日   たたかいはおわりぬしんと夏の山(栗林一石路)
  8月16日   送火やぱたりと消てなつかしき(小林一茶)
  8月17日   いなづまの裾をぬらすや水の上(加賀千代女)
  8月18日   朝顔の勝手気儘な蔓であり(木庭布左江)
  8月19日   雪嶺へ日影去りにける花野かな(渡辺水巴)
  8月20日   四五人に月落ちかゝる踊かな(与謝蕪村)
  8月21日   秋天に投げてハタハタ放ちけり(篠原鳳作)
  8月22日   草じらみ袖振り合ふも句兄弟(川端茅舎)
  8月23日   秋風とゐれば一人も良かりけり(木庭布左江)
  8月24日   心せよ鱸のなます病あがり(立花北枝)
  8月25日   擲てば瓦もかなし秋のこゑ(大島蓼太)
  8月26日   くきくきと折れ曲りけり蛍草(松本たかし)
  8月27日   鬼灯や掴み出したる袖の土産(炭太祗)
  8月28日   秋あはれ山べに人のあと絶ゆる(室生犀星)
  8月29日   こほろぎや草履べたつく宵使ひ(富田木歩)
  8月30日   うら広く秋の茄子も植ゑてあらん(正岡子規)
  8月31日   はじかみの薄紅見ゆる厨かな(松瀬青々)